相手の目を見て

kokuhaku

告白をするときのポイントとして非常に重要なのが相手の目を見てきちんと伝えるということです。よくやってしまいがちなのが相手と横に並んでお互いに同じ方向を向いて告白をするという方法をしてしまいがちです。

告白するときは正対して相手と向かい合って告白をしたほうが良いです。それは相手の目をむいて告白をすることで相手に自分の気持ちがより伝わりやすくなるものです。

恥ずかしさから目を逸らしてしまったり、うつむいて言ったりしてしまうことが多いかもしれませんが、それでは自分の気持ちは良く伝わりませんし、相手からしてみれば真剣に言っているの?って思ってしまいます。

目は口ほどに物を言うという言葉を知っていますか?やはり目を見てしっかりと伝えるということが大切です。相手からしてみればしっかりと目を見て伝えられたいものです。

また相手の目を見て話すということはとっても恥ずかしいことです。しかも好きな人に今までの思いをきちんと伝えるということはものすごく緊張しますから目線を逸らしたり目を合わせること自体が難しいです。

でもその恥ずかしさを乗り越えて勇気を出しましょう。

そうすれば相手にも真剣な想いなんだという印象を受けるためしっかりとした答えを出してくれます。

告白をしたことでどういった結果がやってくるのかは分かりませんが、あの時もっと真剣に伝えていればという後悔だけはしないようにしましょう。後悔する告白なんてしたら次の恋にも進めなくなってしまうものです。

«