オンラインカジノでカジノゲームをしてルールを覚えていったら本物のカジノ場(ランドカジノ)でプレイしたいと多くの人が思います。

今では気軽に海外旅行に行けるようになりましたし、観光地にはリゾートカジノがある場所も多いです。

しかし、多くの人がリゾートカジノに足を運んでも遠めで眺めているだけだったり、記念に入場するだけで終わってしまっています。

現地の言葉が分からないから尻込みしてしまうという人もいますが、多くの人はルールが分からないためです。

現地の言葉が分からなくてもルールは世界共通ですよね。もともとカジノのゲームはシンプルで覚えるのはとても簡単ですが、ルールが分からないために参加しづらいという人がほとんどなのです。

しかし、オンラインカジノでルールさえ覚えてしまえば言葉が分からなくても参戦できるので是非とも本場のカジノ場で楽しんでみましょう。

カジノ場を楽しむために知っておくべきこと

本場のカジノ場での立ち振る舞い方や禁止事項について説明をしていきます。

カジノ場は紳士の社交場ですから現場に行く前に確認しておきたいことやルールを守って楽しむようにしましょう。

カジノ場でしてはいけない禁止行為

絶対にカジノ場でしてはいけないことを紹介していきます。

トラブルの原因にもなりかねないので把握しておきましょう。

店内の写真撮影は禁止

せっかくカジノ場に足を運んだのだから記念に写真を残したい人も多いでしょうが、カジノ場の店内の撮影は禁止されています。

豪華絢爛な煌びやかな雰囲気を写真に収めてSNSやブログにアップしたいという人もいると思いますが他のお客さんのプライバシーだったり、店内のセキュリティの面から禁止されています。

店内で写真を撮っていたらすぐに止めるように言われ、さらに撮った写真を確認した後に削除を要求される可能性もあります。

写真に収めたくなる気持ちもあるかもしれませんが禁止ですので撮影しないようにしましょう。

どうしても写真を撮りたいと思ったらカジノ場内ではなくてカジノの外側の入り口で写真を撮るか、スタッフに写真を撮っても良い場所があるか聞いて確認をした上で撮る様にしましょう。

子供の入場は禁止(キッズスペースの確認)

カジノ場へ入場できるのは年齢制限に達している方のみであり、国ごとに成年として認められた方だけです。

子供も入れると思っている人もいるかもしれませんが、入れません。

カジノ場は大人の社交場という名目がある以上は子供の入場は不可です。

また赤ちゃんを抱きかかえているのであれば入場できると思っている方もいますが、例外なく禁止されています。

しかし、今はカジノ場によりますが、併設した形でキッズスペースがあります。

このキッズスペースに預けて親はホテルにいなければいけないという決まりがありますが、子供を預けてカジノを楽しむこともできます。

ラスベガスなどにはキッズスペースが併設されていることもありますが、場所によってはキッズスペースが無いところもありますから事前に確認は必要です。

また1時間いくらの料金がかかることも頭に入れておく必要があります。

ディーラーと直接チップの交換は禁止

テーブルカジノの場合ではテーブル上で現金をチップに交換してやり取りをすることも可能です。

しかし、このときに直接ディーラーに現金を渡してはいけません。必ずテーブルの上に現金を置き、ディーラーがチップと交換しなければいけません。

直接渡したらチップが少ないとか現金を払った払っていない等のトラブルや金額の間違いを無くすための対策です。

謝礼としてのチップなどであれば直接渡してもいいですが、現金とチップを交換を行う際には公平さを期す為にテーブル上でやり取りをするようにしましょう。

他のお客さんの迷惑行為や過度に騒ぐ行為

海外に旅行でテンションが高ぶってしまい集団で行動を取ってしまうと強気な態度を取ってしまう人もいます。

またカジノ場ではお酒が無料で振舞われて飲み放題となっています。

普段とは違う観光地への旅行で集団で行動をして、お酒などが入ってしまったらついつい気持ちが高ぶりすぎてしまって他のお客への迷惑行為をしてしまう人もいてトラブルになってしまう人もいます。

他の人に迷惑をかけないまでも過度に大声を上げて騒いだりしてしまう人もいますがそういう行動は慎みましょう。

他の人も同じように大切に楽しみにしていた時間と空間でもあります。隣で騒がれたり迷惑行為をしたりされたらせっかくの旅行も台無しになってしまいます。

とはいえまったく騒いではいけないと言うわけでもなくある程度であれば運営側も黙認してくれます。

ディーラーなどから注意を受けたら騒ぎすぎだと思って控えるようにしましょう。それでも止めない場合は警備スタッフなどが来たりしますし、最悪の場合は営業妨害で出入り禁止にされてしまうこともあります。

カジノへ行く前に確認しておきたいこと

カジノ場に行く前に確認しておくべきことをまとめて紹介していきます。

現地に行ってから確認して後悔してしまったと言うことがないようにしましょう。

年齢制限と身分証を持参する

カジノ場には年齢制限が設けられていることをご存知の方は多いですが、その入場できる年齢というのは国や州によって変わってきます。

場所によっては18歳から入場できるところもあれば25歳以上にならないと入場できないという場所もあるので事前に確認しておくことが大切です。

またオンラインカジノでも年齢制限が設けられていてライセンスを取得して運営をしている国によって変わります。

事前に確認しておきましょう。

18歳から入場可能 19歳から入場可能 21歳から入場可能 23歳から入場可能
イギリス
イタリア
フランス
オーストラリア
ドイツ
(※場所により25歳~と異なる)
韓国 アメリカ
マカオ
シンガポール
フィリピン(セブ島)
・男性は21歳以上
・女性が18歳以上
ベルギー(会員制)
ギリシャ

せっかくカジノ場まで行ったのに入場できなかったら残念な気持ちにしかならないので気をつけましょう。

ドレスコード着用の必要性

カジノ場は「大人の社交場」です。そのため基本的にはカジノ場に入るときは基本的にドレスコードで入場することが望ましいです。

とはいえ、昔よりかはかなる緩くなってきており、カジュアルスーツのような一枚ジャケットを羽織ってさえいれば後は普通に入場することが出来るところが増えてきました。

ラスベガスではかなり緩いカジノ場もあり、「襟なし」のTシャツでも入場できるところもあります。

ただし、さすがにアロハシャツにビーチサンダルみたいにラフすぎる格好では入場することは出来ません。

重厚で格式あるカジノ場ではドレスコードが必須なところもまだまだ多いです。

入場しやすくなってきていることは間違いないですが、出来る事ならばせっかくラスベガスに来ているのであれば思い切ってドレスコードを楽しんだ方が良い思い出になると思います。

男性はタキシードを着て、女性はドレスに身を包んだほうがよりカジノの雰囲気を味わうことが出来ます。

リゾートカジノに遊びに来たのであれば思い切りオシャレを楽しみましょう。

お酒や食事・タバコスペースついて

世界中で禁煙化の流れは来ており愛煙家からしてみれば肩身が狭いところではあります。

日本は分煙化といって公共の場でもある程度タバコが吸えるところはありますし、禁煙エリアでタバコを吸ってもそこまで厳しく罰せられません。

しかし、海外ともなれば基本的に公共の場でのタバコは禁止されていますし、もしそれを破ったら厳しい罰則が課せられてしまいます。

他にも食事を提供をする場所では禁止など細かくルール分けされています。

日本よりもタバコに関しては厳しいです。国によっては全面禁止のところもあります。

ではカジノ場ではどうなのかというと実は比較的そこまで禁煙化されていません。

あまり厳しく禁止してしまうと客足が遠のいてしまうためで、中には国全体では禁止しているところでもカジノ場だけは喫煙しても良いというところもあるようです。

元々カジノ場では強力な換気扇や空気清浄機が備わっているので喫煙スペースを設けても大丈夫でもあります。

喫煙ブースと禁煙ブースに分けられていたり、喫煙スペースがあったりとカジノ場によって違いますし、場合によってはカジノ場でも全面禁煙の場所もありますので、事前に確認をしておかないと愛煙家には辛いかもしれません。

やはり緊張感のあるギャンブルでさらにお酒を飲んでいたらタバコも吸いたくなってしまうと思いますのでタバコが吸えるのかどうか?吸えたとしても何箇所喫煙スペースがあり、どこに設置されているのかも把握しておきましょう。

まとめ

オンラインカジノでルールを学んだら是非とも本場のカジノ場に足を運んでみましょう。

豪華で煌びやかな内装に非日常空間を思う存分楽しむことが出来ます。

みんながいまいちルールが分からない中で一人だけルールが分かっていたら周りから尊敬の眼差しを向けられることは間違いないですし、やはりみんなで1つのテーブルで楽しむのはとても楽しいです。

そのためにオンラインカジノでしっかりとルールを学んで覚えるようにしましょう。

旅行先前でネットや本などで見たとしても頭に入ってきません。やはりオンラインカジノで本場のカジノと同じルールで戦うからこそ身につくものです。

備えあれば憂い無しでしっかりと確認しておくべきことは確認しておきましょう。

おすすめの記事