意外と知られていないですが、オンラインカジノは税金がかかります。これは利用する前から事前に確認しておかないと後で聞いていないよとなってしまうので把握しておかなくてはいけません。

どんな税金がかかって、計算方法をどうすれば良いのかなんて分からないですよね?

ここでは税金に関する計算方法から、確定申告に必要なものや確定申告の時期などについて説明をしていきます。

オンラインカジノでは税金がかかる

オンラインカジノは税金がかかります。

税金は良く分からないという人が多く理解しづらいところもあり、苦手に感じている人も多いです。

そもそもなぜオンラインカジノには税金がかかるのか?

なんでオンラインカジノには税金がかかるの?って疑問に思いますよね。ギャンブルで税金がかかるなんて聞いたことが無いという人もいるでしょう。

海外のサイトだから税金がかかるのかって思うかもしれませんが、厳密に言うと日本にあるギャンブルにも税金がかかります。

それこそ税金がかかっているなんて聞いた事が無いし、払っている人なんて見たこと無いという意見が出ると思います。

日本にあるギャンブルは公営ギャンブルと言われている競馬や競輪・競艇などが挙げられますし、他には三点方式と呼ばれるやり方でパチンコやスロットなどがあります。

このどれもが全てその場で現金に換金されますよね。

パチンコやスロットも景品を換金所ですぐに現金に換金されて手に入れることが出来る仕組みです。

つまり記録に残りませんよね?

しかし、オンラインカジノはどうでしょうか?入金する時はクレジットカードでの送金だったり、出金時も銀行に振り込まれますので必ず記録として残ってしまいます。

つまり記録に残るか残らないかでお金の流れを把握できてしまう為に税金がかかってしまうのです。

極端な話、パチンコやスロットなども店の前で税務署の職員が張り込みをしてその場で換金されたお金を確認すれば税金がかかるかもしれませんが、現実的ではないので現実的に見逃されています。

また、過去に競馬で万馬券を当てた人が銀行に当たったお金を預けてしまったことで記録として残ってしまい万馬券で得た金額の税金分をしはらうことになったケースも過去にあります。

オンラインカジノは記録としてお金の流れが記載されるので必ず税金を支払う必要があるということは覚えておきましょう。

税金の区分と計算方法について

オンラインカジノにおける税金に関することをまとめて紹介します。

一時所得って何?

オンラインカジノの税金は「一時所得」に含まれます。

これは競馬や競輪・パチンコやスロットなどのギャンブルだけではなくて、商店街の福引きなどで当てた賞金や※宝くじ・スポーツ振興くじ(toto)なども一時所得に含まれます。

※宝くじやtotoの場合は税金を引かれた上で振り込まれています。

この一時所得で気をつけなければいけないのが税金の計上の仕方です。

税金は同年の1月から12月までのトータルの収支で計上すると考える人が多いですが一時所得の場合は違います。

利益が上がった時のみ計算をし、損失は計上することが出来ません。

簡単に言うと利益が上がるたびに税金が発生すると言うことです。

分かりやすく図で説明します。▼

総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 10万円 12万円 +2万円
2月 10万円 20万円 +10万円
3月 15万円 30万円 +15万円
5月 15万円 20万円 +5万円
6月 18万円 15万円 -3万円
7月 20万円 5万円 -15万円
8月 25万円 28万円 +3万円
9月 10万円 50万円 +40万円
10月 20万円 53万円 +33万円
11月 60万円 15万円 -45万円
12月 50万円 110万円 +60万円
合計 263万円 368万円 +105万円

1年間の収益で見たときに最終的に得た金額が「+105万円」ですよね。

この105万円が税金の対象と思ってしまいますが、一時所得の場合は計算が変わります。

先ほど言ったように損失は計上することが出来ません。

そのため4月・6月・7月・11月は計上することが出来ないため正しくは以下の計算になります。▼

総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 10万円 12万円 +2万円
2月 10万円 20万円 +10万円
3月 15万円 30万円 +15万円
5月 15万円 20万円 +5万円
8月 25万円 28万円 +3万円
9月 10万円 50万円 +40万円
10月 20万円 53万円 +33万円
12月 50万円 110万円 +60万円
合計 155万円 323万円 +168万円

最終的に「+168万円」の計上となります。

トータルの収支では「+105万円」のはずが「+168万円」で計上しなくてはいけないのです。

さらに極端な例ですが、こんな可能性もゼロではないと言うことを頭に入れて欲しいです。

総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 10万円 110万円 +100万円
2月 110万円 0万円 -110万円
合計 120万円 110万円 -10万円

1年間の収支の報告で言うと「-10万円」で赤字です。これであれば税金の申請をしなくてもいいと思ってしまうかもしれませんが、「一時所得」の場合は損失を計上することが出来ません。

そのため申請する計算は下記の通りになります。▼

総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 10万円 110万円 +100万円
合計 120万円 110万円 +100万円

一時所得では損失を計上することが出来ないため本来マイナスであるはずが「+100万円」として計上しなくてはならなくなります。

損失が出ているのにも関わらずさらに税金を納めなくてはいけない可能性もあるということは覚えておきましょう。

もちろんこれはあくまでも非常に極端な例で滅多になることはありません。

とはいえ最悪の場合こういったケースも考えられるということは頭に入れておかなくてはいけませんし、常に毎月の収支をつけることはしないといけません。

一時所得の計算方法

一時所得の収支の方法が分かったら続いて納税の計算方法について説明します。

オンラインカジノで得た金額の全てを納税すると言うわけではないので計算方法を把握しておきましょう。

一時所得の計算方法
【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最大50万円)】

先ほどの「+168万円」を例に計算してみます。

【118万円】=【168万円】-【0円】-【特別控除額 (最大50万円)】

オンラインカジでは支出金額はないため特別控除(最大50万円)を引いた金額が適用されます。50万未満の利益であれば【特別控除額】として控除されるため、納税の必要はありません。

「118万円」ですが、一時所得の中から税金の対象となるのは、118万円の半額59万円が課税対象です。

働いている人はこの「59万円」に収入を足した形で計算する必要があります。

分かりやすく社会人の年収を「300万円」として合計「359万円」で計上します。

さらにそこから所得税の割合を出す必要があります。

良く分からないと言う人もいると思いますが、オンラインカジノで「50万円」を超えて大きく勝った場合は税理士の先生に相談することをオススメします。

普段、一般の社会人でなければ税の計算は出来ないのでやろうと思ってもなかなか難しいと思います。

そこで一人で抱え込まずに税理士に相談をしたほうが確実だと思います。

他にはオンラインカジノのサポートスタッフにどうすればいいか相談をしてもいいでしょう。

オンラインカジノのサポートスタッフは毎年のことなので慣れているため相談をしてアドバイスを貰っても良いと思います。

確定申告をする方法

税金の計算が出来たら確定申告をする必要がありますが、多くの社会人の人は会社にお願いをして確定申告はしていない人がほとんどだと思いますので方法を説明をします。

確定申告の期間

1年間の収支を計算して一時所得の算出をして割り出したものを申告する期間は翌年の2月16日~3月15日の1ヶ月の間に行わなければいけません。

気をつけてほしいのがこの期間の税務署は1年で最も忙しい時期です。場所によってはものすごい長蛇の列が出来ています。

特に最初と最後の3日間は大変な行列ですから出来るなら該当する日は避けたほうが良いでしょう。

おすすめは最初の週の3日間の後の平日午後が比較的スムーズに申告することが出来るところが多いようです。

車で行く場合も気をつけてほしいのが満車の可能性が高く停めるだけでも時間がかかってしまいますので出来るならばバスやタクシーで行く事をオススメします。

確定申告で必要な書類

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始にオンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

確定申告で用意をすべきものは3種類です。

ただし、経費の領収書はオンラインカジノにはかからないので必要ありません。

支払い調書は年末年始にオンラインカジノの運営側に支払い調書を下さいと言えば出してくれますし、自分で収支をつけたものをプリントアウトして持っていっても問題ありませんが、支払い調書を出してもらった方が確実です。

そして企業勤めの方は源泉徴収票を受け取って税務署や出張所に行き申請をしにいきましょう。

会社に事前申告か普通徴収にチェックを入れる

確定申告をする際に気をつけなければいけないのが会社にあらぬ誤解を与えてしまうことです。

未だに企業によっては副業が禁止とされている所もあります。

そのためオンラインカジノで勝った金額と事前に報告を入れる、もしくは確定申告の2面に書かれている「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄にある【普通徴収】にチェックを入れておくようにしないと給与と所得にズレが生じているので副業をしているのではないかと疑われてしまいます。

普通徴収にチェックを入れたら自宅に届くのでチェックを入れておくようにしましょう。

まとめ

オンラインカジノでは他のギャンブルと違いお金の流れが記録として残ってしまうため、他のギャンブルでは大目に見られていますが、オンラインカジノに関しては税金を支払う必要があります。

税金の計算というのは面倒で慣れないことをするのは腰が重いものです。

しかし、ギャンブルをする以上は必ず自分で収支をつけておかないと自分が勝っているのか、それとも負けているのかの判断を冷静に分析することが出来ません。

税金の確定申告はその延長線上であり、1日で終わるものですから最初は慣れないかもしれませんが、税理士に相談をしたりオンラインカジノのサポートスタッフにアドバイスを貰ったりして申請をしましょう。

オンラインカジノは還元率が高い為に確定申告をすることになると思って頭に入れておきましょう。

おすすめの記事