当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

カリビアンスタッドポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方

ポーカーは日本でも人気の高いカジノゲームですが、色々な種類が存在しています。

世界的に有名なのがテキサスホールデムポーカーであり、世界大会なども行われているほどです。

カリビアンスタッドポーカーの場合、日本ではあまり有名ではないかもしれませんが、テキサスホールデムポーカーよりも簡単なルールですので、ポーカーゲームをプレイしたいと思ったら最初はカリビアンスタッドポーカーなどからプレイしてみてもいいかもしれません。

カリビアンスタッドポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方について紹介します。

カリビアンスタッドポーカーの特徴

ポーカーゲームと言えば一般的にプレイヤー同士の対戦をイメージする人も多いかもしれません。

しかし、カリビアンスタッドポーカーでは、プレイヤー(自分)とディーラー(親)との1対1の勝負となり、他にプレイヤーがテーブルにいてもあくまでもディーラーとの勝負です。

また、最初に配られた5枚のみで戦い、カードチェンジを行わないことから単純に運の要素が強いです。

ジョーカーを除く52枚で勝負を行い「A」が1番強く、「2」が1番弱くなります。

テキサスホールデムポーカーの場合、4段階に分かれてゲームが進んでいきますが、カリビアンスタッドポーカーの場合、カードチェンジを行わずに配られたカードでのみ勝負を行うため、勝負が早いです。

オンラインカジノでプレイする場合は最も強い役(ハンド)を自動で計算してくれるため初心者の人でも安心です。

また、カリビアンスタッドポーカーの大きな特徴としてプログレッシブジャックポット(大当たりの賞金)が用意されているという点があります。

ゲームを始める前に、一定額(カジノにより差があるが、大体$2程度)をプログレッシブジャックポットに賭ける事が出来ます。

これによって一定以上の役(ハンド)が出来た時に、勝ち負けに関係なく、賞金が支払われる仕組みがあります。

獲得する条件は以下(配当はカジノにより多少配当に違いがある)

  • ロイヤルストレートフラッシュ(ジャックポット全額)
  • ストレートフラッシュ(ジャックポットの10%)
  • フォー・オブ・ア・カインド($500)
    ※日本固有の略称はフォーカード
  • フルハウス($100)
  • フラッシュ($50)

せっかく大きな役(ハンド)が出たのにも関わらず配当だけというのは嬉しくないですよね。

それを解消するためのジャックポットシステムであり、残りのトランプのカードと今までに出たカードを覚えておきながらここぞという時にジャックポットに賭けてもいいですし、常にジャックポットの場所にチップを賭けて置きつつプレイしてもいいでしょう。

カリビアンスタッドポーカーのルール

カリビアンスタッドポーカーはディーラーとの1対1の勝負を行い、カードの交換をする必要がなく、最初に配られたままの状態で勝負するため、駆け引きをする必要もないですし、ゲームの進行も早いです。

ポーカーの中でもかなりシンプルなルールですので初めてプレイする人でも安心です。

基本的に役を揃えられるかどうかが前提のゲームですので、ディーラーが有利と言われてはいますが、ジャックポット機能も付いているので大きな配当を得る可能性もあるわけです。

地域によっては「パシフィック」「バミューダ」「トロピカル」とも呼ばれたりしますが、呼び名が違うだけで同じルールです。

また、カリビアンスタッドポーカーの場合、ハイカード(役なし)の場合でも「A」「K」の2枚があれば勝負することが出来ます。

数字の強いカードから順番に比較していき、使うカードはジョーカーを除く52枚(Aが1番強く、2が1番弱い)。
※ただし、ディーラーが勝負する場合は必ず「A」と「K」があるので、この2枚を持っていることが前提です。

カリビアンスタッドポーカーの役(ハンド)

カリビアンスタッドポーカーの役(ハンド)の強さについて説明します。

手札の強さは上から順に紹介します。

「ロイヤルストレートフラッシュ」・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃った最強の役。

「フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)」・・・同じ数字を4枚を揃えた役。例:「3」「3」「3」「3」などの同じ数字を揃える

「ストレートフラッシュ」・・・同じマークを連続して揃えた数字の5枚を揃えた役。例:「♥」の「5」「6」「7」「8」「9」など。

「フラッシュ」・・・同じマークを5枚揃えた役。「♣」のマークを5枚揃える。

「ストレート」・・・連続した5枚の数字を揃えた役。例:「5」「6」「7」「8」「9」など。

「フルハウス」・・・同じ数字3枚とペアを揃えた役。例:「K」「K」と「8」「8」「8」など。

「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・3枚が同じ数字を揃えた役。例:「4」「4」「4」など。

「ツーペア」・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせた役。例:「10」「10」「J」「J」など。

「ワンペア」・・・同じ数字のペアが1つの役。例:「A」「A」など。

「ハイカード」・・・お互いにノーペアだった場合に、強いカードから順番に比較して、高い方が勝ち。

ただし、「A」と「K」を保有していることが前提。

・ディーラーの保有カードが「A」「K」「10」「3」「2」
・プレイヤーの保有カードが「A」「K」「J」「7」「4」

の場合、プレイヤーの勝ちとなる

最初は役(ハンド)を覚えることに苦労するかもしれませんが、基本的にポーカーゲームは全てのゲームで役(ハンド)が存在するので是非とも覚えておく必要があります。

ゲームの進め方

カリビアンスタッドポーカーのゲームの流れについて紹介します。

まず最初にアンティ(ANTE)と書かれているボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置きます。

テーブルによって賭けられるベット額は違いがあるため、最初は小額からスタートすることをお勧めします。

ベッド額を設定したら5枚ずつカードが伏せられた状態で配られ、ディーラーはカードが1枚オープンになった状態で配られます。

これが最初のスタートの状態です。

自分のカードの手札を確認して、勝負する場合(コール)は、「ベット(BET)、またはレイズ(RAISE)」と書かれたボックスの上に、カードを伏せた状態で置き、その上にアンティに賭けた倍額のチップを置きます。

例:アンティに置いたチップが$2なら、$4を追加し、合計$6となる。

勝負をしない場合はアンティに置かれたチップは没収でそのまま場が流れます。

勝負をする場合はディーラーのカードがオープンされ、勝敗が決定します。

勝てば配当が貰え、さらにジャックポットの所にチップを置いてあった場合は、該当する配当を受け取ることが出来ます。

まとめ

カリビアンスタッドポーカーは色々な種類や派生版が誕生しているポーカーゲームの中でも非常にシンプルなルールと言えます。

ディーラーとの勝負によってカードチェンジの必要もなく1回のゲームがスピーディに展開していきます。

カード交換がないため、役(ハンド)の強さがいまいちよく分からないという人でもプレイできますので、ポーカーゲームの入り口としても入りやすいと言えるでしょう。

ジャックポット機能がついていて可能性的にはかなり低い確率ですが、もし当たった時のことを考えたら賭けてみたくなりますよね。

ライブカジノでもプレイできますし、テーブルゲームでもプレイできるので是非とも遊んでみましょう。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG