当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

マネーホイールの特徴やルール・ゲームの進め方

マネーホイール(Money wheel)とは、非常にシンプルなカジノゲームであり、特別プレイヤーは何かする必要はありません。

大きな円形のパネルを回転させてどの数字に止まるかを予想するだけのシンプルなゲームです。

始まりは古く、戦争などの勝利品を味方などで奪い合わないようにするために、馬車の車輪を回して矢を放ってそこに止まった賞金・戦利品を貰うというのが始まりと言われています。

様々な名称で呼ばれていて「ビッグ6(シックス)ホイール」「ホイールオブフォーチュン」「ドリームキャッチャー」とも言われており、エボリューションゲーミングのライブカジノでは「ドリームキャッチャー」「モノポリー」と呼ばれているのでこちらのほうが親しみがあるかもしれません。

日本でも過去にあた「パジ〇ロ♪パジ〇ロ♪」といった番組などをはじめ馴染みがあり、名前は知らなくてもルールを聞けばすぐに始められると思います。

マネーホイールの特徴やルール・ゲームの進め方について紹介します。

マネーホイールの特徴

マネーホイールの円形の盤面(ホイール)は一般的に54の区画に分けれています。

場合によっては52の区画に分かれているものもあり、360度を均等に54(52)区分して、分かれており、それぞれに数字が振り分けられ、同時に色分けがされています。

プレイヤーが分かりやすいように配慮されています。

プレイヤーはいつでも自由に参加することが出来て、純粋に運任せでプレイすることが出来るのでちょっとしたカジノゲームの合間にプレイしたり、真剣勝負に疲れてしまった時の息抜きにプレイしてみてもいいでしょう。

基本的にどの区画に当たるのかを当てるだけですので難しいルールが必要がないのですぐにでもプレイできるのが特徴です。

マネーホイールのルール

区画には「1」「2」「5」「10」「20」「40」の数字が記されています。

この数字は配当を意味しており「1」は当たれば配当が「1」というそのままの数字です。

つまりBET金額に「1」プラスされた金額で2倍の配当を得ることができるということになります。

配当が「2」であれば、BET金額の2倍がプラスされ3倍の配当が得られますということになります。

当然ですが配当の低い「1」が盤面上に最も多く配置され、配当の多い「20」「40」と配当が大きくなればなるほど配置される数は少ないです。

また、カラーにBETのできるマネーホイールもあり、ドリームキャッチャーなどでは6色に均等に分けられていて、どの色に賭けても配当は同じ5倍となります。

色のないスポットに当たった場合はカジノ側の勝利となります。

区画ごとに分けられた数字がどのホイールが停止するかを予想し、止まると予想した数字や色にBETするという非常にシンプルなルールです。

複数の区画(数字や色)にBETしても大丈夫です。

数字を予想するだけのゲームということで誰もがすぐに始めることが出来ます。

まとめ

マネーホイールは日本ではあまり言葉としては馴染みのないカジノゲームですが、名前は知らなくても日本のバラエティなどでも多く見かけたりした人も多いはずですのでルールさえ聞けば誰もがイメージしやすいと思います。

難しいルールは一切ないため、気軽に始めることが出来るのも魅力です。

区画(数字・色)を予想して複数にベットをしてもいいので、配当割合を考えつつ一度プレイしてみましょう。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG