当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

オアシスポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方

オアシスポーカーはプレイヤー(自分)とディーラー(親)の1対1の勝負を行い、配られた5枚(1回のみチェンジ可能)で、手役が高い方が勝ちとなるポーカーゲームです。

ランドカジノでも広く採用されているポーカーゲームであり、オンラインカジノでもプレイ出来ます。

比較的、一般的なゲームルールですが、カードを引くのに手数料(ドローコスト)が発生する為、その分も考えて交換をしないといけません。

オアシスポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方について紹介します。

オアシスポーカーの特徴

オアシスポーカーはカードを最初に5枚引いて1度だけカードチェンジをすることが出来て、役(ハンド)を揃えてディーラーと勝負をするという点において日本で広く知られているポーカーのルールとさほど変わらない印象があります。

ポーカーゲームは世界中に様々なルールが存在し、それぞれ個性的なルールがありますが、オアシスポーカーに関しては比較的日本でも馴染みやすいゲームルールと言えます。

また、ディーラーに配られるカードは1枚オープンになっているというのが特徴です。

使用するカードは、ジョーカーを除く52枚で「A」が1番強く、「2」が1番弱いです。

ただし、日本で広く知られているポーカーゲームと決定的に違うのがカードを引く際の枚数によってコスト(手数料)が発生するのが特徴としてあります。

引く枚数によってコストに違いがあり、また枚数が多ければコストが多いというものでもないので、最初のドローコストが慣れるまで時間がかかると思います。

このドローコストを踏まえて交換するかしないかも勝負として重要になります。

オアシスポーカーのルール

オアシスポーカーは最初に配られたカード5枚で役(ハンド)が揃わなければ1度だけ交換することが出来ます。

カードチェンジをすることでより高い手役を狙うことが出来るわけですが、その分カードを引く際にコストが発生します。

カードのドロー(交換)にかかるコストは以下のとおりです。

  • 1枚交換:アンティと同額
  • 2枚交換:アンティの2倍
  • 3枚交換:アンティの3倍
  • 4枚交換:アンティの2倍
  • 5枚交換:アンティと同額

コストを見れば分かりますが、1枚交換と5枚交換のコストが最小です。

交換する枚数に制限がないため、場合によって全くバラバラのカードが配られなかった場合は、コストを考えて思い切って5枚全部をチェンジしたほうがコスト的にいい場合もあり、コストがオアシスポーカーでは重要になってきます。

また、ドロー交換で生じたコストは勝敗に関係なく没収されてしまうので注意して下さい。よく買ったらコストはかからないと勘違いしてしまう方が多いです。

交換したい場合は交換するカードを裏返しにして、ドローコスト(DRAWCOST)と書かれたボックスに必要なチップを置きます。

また、ディーラーはの場合は手役が揃わない状態でも「A」と「K」の両方を1枚以上持っていたら勝負をします。

役(ハンド)が揃っていないハイカードの状態でも「A・K」の両方を持っていた場合は勝負をすることが出来ます。

お互いに「ハイカード」の「A・K」の両方の役となった場合は数字が大きい方が勝利となります。

オアシスポーカーにはフォールド(降参)が用意されていて、ドローするコストをかけるよりも潔くこの場を流すという選択肢も出来ます。

その場合は最初にアンティに置かれたチップは没収となってしまいますが、その場を流すというのも戦略の1つです。

最初はドローコストの手数料やシステムに戸惑うと思いますが、オンラインカジノの場合は自動で計算してくれたり、サポート機能が充実しているため、初めてプレイする人でも安心です。

オアシスポーカーの役(ハンド)

オアシスポーカーの役(ハンド)の強さについて紹介します。

上から順に強い役ですが、揃えるのが難しいです。

 

「ロイヤルストレートフラッシュ」・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃った最強の役。

「フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)」・・・同じ数字を4枚を揃えた役。例:「6」「6」「6」「6」などの同じ数字を揃える

「ストレートフラッシュ」・・・同じマークを連続して揃えた数字の5枚を揃えた役。例:「♥」の「8」「9」「10」「J」「Q」など。

「フラッシュ」・・・同じマークを5枚揃えた役。例:「♦」のマークを5枚揃える。

「ストレート」・・・連続した5枚の数字を揃えた役。例:「5」「6」「7」「8」「9」など。

「フルハウス」・・・同じ数字3枚とペアを揃えた役。例:「A」「A」と「10」「10」「10」など。

「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・3枚が同じ数字を揃えた役。例:「3」「3」「3」など。

「ツーペア」・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせた役。例:「2」「2」「K」「K」など。

「ワンペア」・・・同じ数字のペアが1つの役。例:「4」「4」など。

「ハイカード(日本ではブタ)」・・・何も役が出来ていない状態。ハイカードでも「A」と「K」があれば勝負をすることは可能。

ディーラーは「A」と「K」を所有していた場合必ず勝負を行います。

役(ハンド)を覚えるのは最初は大変です。

最初はテーブルカードでゆっくりとプレイしながら慣れていきましょう。

ゲームの進め方

まず最初に席に着いたらベッド額を決めてアンティと書かれた枠線にチップを置きます。

オアシスポーカーの場合、注意しなくてはいけないのがドローコストが発生し、アンティに置いたチップ額のα倍になります。

そのため、ある程度ベット額が膨らみやすくなるため、慣れるまではライブカジノの中でもミニマムベットのテーブルを選んでからプレイするようにしましょう。

アンティにチップを置いたらカードが5枚配られ、ディーラーは1枚だけ表向きに置かれた状態からスタート。

プレイヤー配られた手札でまず勝負をするかどうかを判断します。

ドローコストなどを踏まえてその場を流したいと思ったら降参をしてその場を流すのも手です。その場合はアンティに置かれたチップは没収となります。

自分のカードを変更したいと思ったら好きな枚数を交換することが出来ますが、枚数に応じてコストがかかります。

1度だけ交換したら、後はディーラーとの勝負でディーラーは「A」と「K」の両方持ってる場合は必ずハイカードでも勝負をすることになります。

勝負して勝った場合は、「アンティの2倍とコール×役の倍数分」が支払われます。

例、アンティが2$の場合「4$」とコールが4$でスリーオブカインド(3倍)なら12$。合計16$受け取り。

「4$+12$=16$」と言った計算です。

■役(ハンド)に対する配当は以下のとおりです。

手役(ハンド)名 配当
ロイヤルストレートフラッシュ 1:100
ストレートフラッシュ 1:50
フォーオブカインド(フォーカード) 1:20
フルハウス 1:7
フラッシュ 1:5
ストレート 1:4
スリーオブカインド(スリーカード) 1:3
ツーペア 1:2
ワンペア・AKハイカード 1:1

※引き分けの場合はプッシュと呼び、全額払い戻されます。

配当計算は難しいですが、オンラインカジノの場合は自動で行ってくれるので計算する必要はありません。

まとめ

オアシスポーカーはテーブルに何人プレイヤーがいようともディーラーとの1対1の勝負を行います。

オアシスポーカーはドローコストがかかり、配当計算が難しいという人もいます。

ランドカジノではディーラーなども計算間違えなどをしてしまったりすることもありますが、オンラインカジノでは自動で計算をしてくれるので純粋にプレイを楽しむことが出来ます。

是非ともプレイしてみましょう。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG