当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

オマハホールデムポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方

オマハホールデムポーカーは、テキサスホールデムポーカーから派生して生まれたゲームで基本的な流れは同じです。

テキサスホールデムと並んで人気を誇るポーカーゲームで、世界大会が行われています。

テキサスホールデムポーカーのプレイヤー同士の駆け引きや表情を読み取る心理戦などに加えて、オマハホールデムポーカーはより枚数を増やして役(ハンド)を使います。

オマハホールデムポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方について紹介します。

オマハホールデムポーカーの特徴

テキサスホールデムポーカーを普段からプレイしている人はある程度オマハホールデムポーカーをプレイするのも得に違和感なく始めることが出来ますが、ポーカーをプレイしたことがない人からしてみると

「ルールが複雑」「せっかくストレートが揃ったのに無効なのはなぜ?」といった経験をしたという人お多いです。

テキサスホールデムポーカー自体が多少ゲーム進行やチップやコールなど複雑な部分もある中でオマハホールデムポーカーはよりルールが加算されるため最初は大変かもしれません。

プレイする順序としては最初はテキサスホールデムポーカーからプレイした方がいいという意見もあります。

テキサスホールデムポーカーについて知りたい方はこちら

ポーカーは日本でも非常に人気の高いカジノゲームといえますよね。 日本で広く知られているポーカーはドローポーカーと呼ばれているもので、世界で広く知られているのはテキサスホールデムポーカーです。 ドローポーカーとはゲームの進行やルー[…]

基本的なルールやゲームの進め方はテキサスホールデムポーカーと同じですが、プレイヤーに配られるカード(ホールカード)が2枚ではなく4枚になります。

そしてプレイヤーに配られた4枚の中から2枚、全員が使うコミュニティカード5枚の中から3枚の合計を選んで役(ハンド)を揃えて勝負をする必要があります。

テキサスホールデムポーカーよりも役が作りやすいですが、プレイヤーカード4枚、コミュニティカードで1枚で勝負ということは出来ません。必ず指定された枚数で勝負を行う必要があります。

また、テーブル上に、全員が共通で使うコミュニティーカードを「フロップポーカー」と呼び、カードの交換は出来ません。

オマハホールデムポーカーのルール

基本的にオマハポーカーはテキサスホールデムポーカーを元に派生したゲームです。

そのため、基本はテキサスホールデムポーカーのルールと同じです。

最低参加人数は、最低2人以上でプレイヤー同士で役(ハンド)を揃えて強いほうが勝ちです。

複雑に見えてしまいますが、オマハホールデムポーカーの基本的なことを下記にまとめています。

  • プレイヤーには4枚のカードが配られる
  • テーブル上には、5枚のコミュニティーカードがある
  • コミュニティーカードから3枚、手札から2枚のカードを選び役をつくる

後のゲーム進行はテキサスホールデムポーカーと同じです。

オマハホールデムポーカーの役(ハンド)

オマハホールデムポーカーの役(ハンド)について紹介します。

上から順に揃えるのが難しくなります。

「ロイヤルストレートフラッシュ」・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃った最強の役。

「ストレートフラッシュ」・・・同じマークで、かつ連続した数字の5枚カード。例:♣の「3・4・5・6・7」を揃える

「フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)」・・・4枚が同じ数字を揃える。例:「J・J・J・J」を四つ揃える

「フラッシュ」・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを5枚揃える。例:♦の「2・3・7・10・K」

「ストレート」・・・連続した5枚の数字を揃える。例:「9・10・J・Q・K」

「フルハウス」・・・同じ数字3枚とワンペアの組み合わせを揃える。例:「2・2・2」と「7・7」

「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「8・8・8」

「ツーペア」・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせを揃える。例:「4・4」と「J・J」

「ワンペア」・・・同じ数字のペアが1つ揃える。例:「Q・Q」

「ハイカード(日本ではブタ)」・・・何も役が出来ていない状態。

オマハホールデムポーカーの用語

オマハホールデムポーカーの用語について紹介します。

ゲームをスムーズに進めるために覚えておく必要があります。

「ベット」・・・場にチップを賭けること。チップ額を同時に他のプレイヤーに伝える。

「コール」・・・場に賭けられている金額と同額のチップをベットすること。

「チェック」・・・様子見でその場をパスをすることで、最初はチェック出来ません。

「フォールド」・・・負けを認めゲームを降りること。それまでの賭け金は失われる。

「レイズ」・・・チップの上乗せ。チップ額も同時に他のプレイヤーに伝える。

「リレイズ」・・・他のプレイヤーがレイズを行った場合、レイズ金額よりもさらに金額を上乗せすること。チップ額も同時に他のプレイヤーに伝える。

「オールイン」・・・手元にあるチップ全てを賭けること。

「ミニマムベット」・・・ゲームを開始するために必要な最低限のチップ額。テーブルにより最低チップ額が変わる。

「ミニマムレイズ」・・・レイズする際の最低の額。

ゲームの進め方

オマハホールデムポーカーのゲームの進め方について説明します。

合計4回のラウンドがあり、ラウンドごとにベットするかどうか判断し、最終ラウンドで残ったプレイヤー同士で揃えた役(ハンド)を勝負をします。

ラウンドが上がるほど賭け金額が上がっていき、さらに独り占めするため一度に大きく勝つことになります。

ラウンドの進め方について説明します。

・1回目のベッティング:第1ラウンド(プリフロップ)
最初に4枚のカードが配られた状態を第1ラウンドの「プリフロップ」といいます。手元の4枚のカードの時点で、負けを認めて降りるか、勝負を続けるかを選択します。

 

・2回目のベッティング:第2ラウンド(フロップ)
ディーラーはは山札の一番上のカードを不正防止のために1枚捨てます。これは必ず行われます。場に3枚続けてカードが表向きに並べられます。この状態を第2ラウンドの「フロップ」といい、手持ちのカードと合わせて合計7枚のカードから、勝負をするかゲームを降りるかを選択します。

 

・第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング
第3ラウンドのターンで、フロップと同じく、ディーラーは山の1番上のカードを、再び1枚捨てます。4枚目が開かれます。カードが一枚めくられ、場札に4枚目のカード、手元にある4枚のカード合計8枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

 

・第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング
第4ラウンドのリバーで、場にすべてのカードが表向きに並べられ、合計9枚のカードの中から最も強いポーカーハンドを作ります。この時、勝負するかゲームを降りるかの最後の選択をします。

 

全てのラウンドを完了し、最終的に残ったプレイヤー同士で役(ハンド)の強さを競い、最終的に一番強い役を揃えて人が勝利となり賞金が総取りとなります。

まとめ

オマハホールデムポーカーはテキサスホールデムポーカーから派生したゲームで、テキサスホールデムポーカーよりも複雑なゲームシステムであるため全くのポーカー初心者がプレイしようと思ったら大変かもしれません。

ある程度、ポーカーゲームに慣れてきた段階でテキサスホールデムポーカーをプレイした後にオマハホールデムポーカーをプレイするのが一番迷わないかもしれません。

もちろんいきなりオマハホールデムポーカーからスタートしても問題ありませんし、オマハホールデムポーカーを覚えてさえしまえばあとはほとんどのポーカーゲームをプレイできると言えるでしょう。

プレイヤー同士の駆け引きや相手に表情を読み取らせないポーカーフェイスなど、様々な心理戦がいいですよね。

最初は難しいかもしれませんが、オンラインカジノでプレイしつつ遊んでみましょう。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG