当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

パイゴウポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方

パイゴウポーカーは日本ではほとんど知られていないポーカーゲームと言えるでしょう。

中国を期限とするドミノに似た形状の「パイゴウ」というカードを用いて行うゲームが始まりだったのをトランプに応用して作られたのがパイゴウポーカーです。

基本的な役(ハンド)やルールはポーカーと同じですが、パイゴウポーカーは他にはない独特のゲームシステムがあり、それが戦略性を高めるとして人気が高いポーカーゲームです。

パイゴウポーカーのルールや進め方について説明します。

パイゴウポーカーの特徴

パイゴウポーカーは、テーブル上に何人いてもディーラーとプレイヤーの1対1の勝負です。

最初にプレイヤーとディーラーにそれぞれ7枚手札が配られることが特徴です。

また、ポーカーでも珍しい『ジョーカーも使用するポーカー』であり、ポーカーが使えるということで戦略的に幅が広がります。

通常のポーカーで一番強いのが「ロイヤルストレートフラッシュ」に対し、パイゴウポーカーではそれよりも強い役(ハンド)として「4枚のAカード+ジョーカー」という「ファイブエース」という役があります。

そして、パイゴウポーカーのポイントとも言える「ハイハンド」と『ローハンド』の2つの勝負の場があるのが他のポーカーゲームにはない特徴と言えます。

パイゴウポーカーのルール

パイゴウポーカーは7枚のカードを2つの場があります。

・5枚のカードをハイハンド(ファーストハイハンド)。
・2枚のカードをローハンド(セカンドハイハンド)。

2か所に分けて戦います。

ハイハンドの場合、通常のポーカーの役(ハンド)を揃えて強いほうが勝ちます。

ローハンドでは最も強いのがワンペアであり、その次に2枚のカードの合計の値の強さが優劣を決めます。

数字の強さとしては「A」が一番強く「K>Q>J>10」の順に弱くなります。

ローハンドの場合、例え「A」と「K」を揃えていても「2」のワンペアのほうが強いです。ワンペア以降は数字の合計値での勝負となります。

そして、パイゴウポーカーは両方で相手のハンドを上回らなければ勝利となりません。

また、基本的にハイハンドでは役を揃える必要がありローハンドはハイハンドよりも強くしてはいけないというルールがあります。

例:ハイハンドで役を揃えずにローハンドでワンペアというのは無効です。

パイゴウポーカーの配当獲得条件

勝ち⇒両方のハンドで、ディーラーを上回れれば、配当1.95倍が支払われます。
引き分け⇒片方だけ勝って片方負ければ、賭け金は返金(プッシュ)されます。

パイゴウカードでは引き分けの場合賭け金が返金されるため、あえて勝負を引き分けに狙って場を流すことも可能です。

パイゴウポーカーの役(ハンド)

パイゴウポーカーの手札の役について説明します

手札の強さは上から順となっていて揃えるのが難しくなっています。

「ファイブ・オブ・ア・カインド(Aのみ)」・・・同じ「A」のカード4枚とジョーカーを加えた最強のハンド。

「ロイヤルストレートフラッシュ」・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」を揃える。

「ストレートフラッシュ」・・・同じマークでかつ連続した数字の5枚カード。例:♥の「6・7・8・9・10」を揃える

「フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)」・・・4枚が同じ数字を揃える。例:「7」を四つ揃える

「フラッシュ」・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを5枚揃える。例:♣の「3・7・9・J・K」

「ストレート」・・・連続した5枚の数字を揃える。例:「4・5・6・7・8」

「フルハウス」・・・同じ数字3枚とワンペアの組み合わせを揃える。例:「Q・Q・Q」と「A・A」

「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「8・8・8」

「ツーペア」・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせを揃える。例:「2・2」と「9・9」

「ワンペア」・・・同じ数字のペアが1つ揃える。例:「6・6」

「ハイカード(日本ではブタ)」・・・何も役が出来ていない。

※他には7枚でのストレートフラッシュなどの役で高配当を出す変則ルールもあります。

ジョーカーの扱い方

パイゴウポーカーが他のポーカーと大きく異なる点として、ジョーカーが利用できると言う点です。

ジョーカーはどの数字としても扱えるオールマイティカードになります。

そのためジョーカーが来たら最低でもワンペアが確定となりますし、フラッシュやストレートの数字の代用として利用できるのです。

例えば「♥の3・8・9・K」と揃っている場合、ジョーカーを♥の数字扱いにしてフラッシュとして役を揃えることが出来ます。

万能カードとしてジョーカーをが手元にある場合は大きく勝つ可能性が高いと言えます。

まとめ

パイゴウポーカーは中国のパイゴウを元にポーカーゲームとして作られました。

2つのハイハンドとローハンドの2つの場所で勝負をし、両方で勝たないと配当を得ることが出来ないという他にはないゲーム性が深い戦略性が生まれるとあって、独特のゲームに夢中になる人は多いです。

最初は通常のポーカーとの違いに戸惑うかもしれませんが、ディーラーとの1対1の戦いですからゆっくりと勝負を楽しむようにしましょう。

リゾートカジノでもアジア圏では置いてあるところも多いですし、オンラインカジノのライブカジノでもプレイ出来るので是非とも勝負を楽しみましょう。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG