テキサスホールデムポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方

ポーカーは日本でも非常に人気の高いカジノゲームといえますよね。

日本で広く知られているポーカーはドローポーカーと呼ばれているもので、世界で広く知られているのはテキサスホールデムポーカーです。

ドローポーカーとはゲームの進行やルールが多少違いますのでテキサスホールデムポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方について紹介していきます。

テキサスホールデムポーカーの特徴

テキサスホールデムポーカーは日本で広く知られているドローポーカーとは違って、合計2枚の手札と5枚のコミュニティカードと呼ばれる共通のカードで役を作って勝負をします。

テキサスホールデムポーカーの面白いところはプレイヤー同士の駆け引きです。

たとえ自分の手札が強くなくてもいかにも強い手札を持っているように見せて相手を勝負の場から降ろさせたり、自分の手札が強くても逆に弱く見せて賭け金を釣り上げて勝負をするという心理戦が重要になってきます。

“ポーカーフェイス”という言葉はポーカーから来ていますが、この表情や手札を読ませない、読み合うのが重要なゲームでもあります。

世界大会が行われているほど人気のカジノゲームです。

他のカジノゲームと比べると用語だったり、ゲームの進行や、役(ハンド)の強さなど覚えることは多いです。

まったくポーカーをしたことがないという人は最初は大変かもしれませんが、それ以上の楽しさがあると思って徐々に覚えていきましょう。

テキサスホールデムポーカーのルール

テキサスホールデムポーカーは「2~10人」までのプレイヤー同士で勝負をします。

ディーラーと戦う場合のポーカーの場合は“スリーカードポーカー”と言います。

使用カードはジョーカーを除いた52枚のカードを使用し、プレイヤーに配られる2枚のカードと、テーブルに5枚の合計7枚の中から最強の手札(ハンド)を作って勝負をします。

4ラウンドごとに勝負をするかどうかを決めて、どんどん賭け金が上がっていきます。

最終的に残ったプレイヤー同士で勝負をしていき、一番強い役(ハンド)を作った人が勝利です。

テキサスホールデムポーカーの用語

テキサスホールデムポーカーの用語です。ゲームの進行上必要になるので覚えておきましょう。

 

「ベット」・・・チップを賭けること。その際に額も一緒に声を出して、他のプレイヤーに伝える。

 

「コール」・・・その場に賭けられている金額に対して同じ金額のチップをベットする。

 

「チェック」・・・賭け金を賭けずそのまま次のプレイヤーに回す。

 

「フォールド」・・・ゲームを降りる。この時点で負けが確定となり、それまでにベットした賭け金は失われる。

 

「レイズ」・・・場に賭けられている額にさらにチップを上乗せすること。その際に賭ける金額も一緒に声を出し、他のプレイヤーに伝える。

 

「リレイズ」・・・他のプレイヤーがレイズを行った場合、レイズの金額より、さらにチップを上乗せすること。ベット額も同時に声を出して、他のプレイヤーに伝える。

 

「オールイン」・・・自分の手元のチップすべてを賭けること。

 

「ミニマムベット」・・・ゲームを開始するための必要な最低限のチップ額。

 

「ミニマムレイズ」・・・レイズする際の最低額。

 

ゲームをスムーズに進めるために用語は必要ですので覚えておきましょう。

テキサスホールデムポーカーの役(ハンド)

ポーカーの役(ハンド)は全部で9種類あり、揃える難易度によって役の強さが変わります。

テキサスホールデムポーカーの役(ハンド)を覚えておかないと勝負になりませんので覚えておきましょう。

 

「ロイヤルストレートフラッシュ」・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃った最強の役。

 

「フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)」・・・同じ数字を4枚を揃えた役。例:「4」「4」「4」「4」などの同じ数字を揃える

 

「ストレートフラッシュ」・・・同じマークを連続して揃えた数字の5枚を揃えた役。例:「♣」の「1」「2」「3」「4」「5」など。

 

「フラッシュ」・・・同じマークを5枚揃えた役。「♦」のマークを5枚揃える。

 

「ストレート」・・・連続した5枚の数字を揃えた役。例:「3」「4」「5」「6」「7」など。

 

「フルハウス」・・・同じ数字3枚とペアを揃えた役。例:「2」「2」と「9」「9」「9」など。

 

「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・3枚が同じ数字を揃えた役。例:「2」「2」「2」など。

 

「ツーペア」・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせた役。例:「5」「5」「Q」「Q」など。

 

「ワンペア」・・・同じ数字のペアが1つの役。例:「1」「1」など。

 

「ハイカード(日本ではブタ)」・・・何も役が出来ていない状態。

 

役(ハンド)を覚えるのは最初は大変だと思います。

 

しかし、この役(ハンド)を覚えないと勝負ができませんので、最初は見ながらでもいいので覚えていきましょう。

 

基本的に上位5つの役を揃えるのはかなり難しいです。最強の役である「ロイヤルストレートフラッシュ」を一発で揃えられる確率はなんと約「1/649,740」しかありません。

 

この確率は100万円の宝くじが当たる確率(1/10万)よりも高い確率です。

 

もちろん交換したりすることで確率は徐々に高まるかもしれませんが、それでもかなり揃えるのが難しいのがわかると思います。

それでもなお、難しい役を狙うか?それとも比較的揃えやすい役を狙って確実性を求めるかはその場のプレイヤーの状況次第です。

役(ハンド)は勝負をする上で覚えなくてはいけないので必ず覚えておきましょう。

テキサスホールデムポーカーの進め方

テキサスホールデムポーカーは、「プリフロップ」「フロップ」「ターン」「リバー」の合計4つのラウンドでゲームが進行していきます。

 

・1回目のベッティング:第1ラウンド(プリフロップ)

第1ラウンドの「プリフロップ」はプレイヤーに2枚のカードが配られた最初の状態を言います。2枚のカードの状態から、チップを賭けて勝負を行うか降りるかを選びます。

 

・2回目のベッティング:第2ラウンド(フロップ)

第2ラウンド(フロップ)が始まる前にディーラーは、慣例的に、最初に山札の一番上のカードを1枚捨てます。一番上のカードが万が一プレイヤーに見られても問題ないようにするための予防対策です。一番上のカードを1枚捨てた後に場に5枚のカードのうち、3枚のカードが表向きに並べられます。手元のカードと合わせて合計5枚の状態でチップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかを選びます。

 

・3回目のベッティング:第3ラウンド(ターン)

第3ラウンドのターンで、場札に4枚目のカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカード、共通のコミュニティカードの4枚のカードの合計6枚が並べられた状態でチップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選びます。

 

・第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

第4ラウンド「リバー」で、場の5枚すべてのカードが表向きに並べられた状態にる最終ラウンドです。合計7枚のカードの中から最も強いポーカーハンドを作ります。最後の段階でチップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかを選びます。

4つのラウンドすべてが終了した時点で残ったプレイヤー同士で勝負を行います。

この時にたとえ手札が何もそろっていない状態「ハイカード(日本ではブタ)」の状態でも強気な姿勢を崩さなければ、ほかのプレイヤーが下りて勝つこともあります。

緊張感のある心理戦を楽しみましょう。

まとめ

テキサスホールデムポーカーはなんといってもプレイヤー同士の心理戦がものを言います。

手札の強さ以上に相手に表情を読ませないことが重要になります。

オンラインカジノでは表情が見えない分、お互いのチップの賭け金などから強気なのかどうかを判断したりするのです。

今まで全くポーカーを経験したことがない人は最初に役(ハンド)の強さや用語を覚えなくてはいけないので大変かもしれませんが、それ以上に緊張感ある試合を楽しむことができます。

オンラインカジノのライブカジノではトーナメントなども開催されているのでテキサスホールデムポーカーのルールを覚えてプレイしましょう

おすすめの記事