当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

セブンスタッドポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方

ポーカーゲームの中でも古くからある代表的なポーカーがセブンスタッドポーカーです。

オンラインカジノではもちろんのこと様々なリゾートカジノ場でも用意されているポピュラーなポーカーゲームと言えます。

ディーラーは参加せず、各プレイヤーとの勝負となり、ブラフ(弱い手でハッタリをかます)などの駆け引きや相手に表情を読み取らせない心理戦がとてもエキサイティングなゲームと言えるでしょう。

同じプレイヤー同士の対戦型の代表的なポーカーゲームであるテキサスホールデムポーカーよりも比較的簡単なゲーム進行となるので、初心者でも参加しやすいポーカーゲームと言えるのではないでしょうか?

それでもゲームの進行は段階を踏まえて行いますのである程度の役(ハンド)の強さなどは把握しておいた状態でプレイすることをお勧めします。

セブンスタッドポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方について紹介します。

セブンスタッドポーカーの特徴

セブンスタッドポーカーでは通常5枚で勝負を行うポーカーゲームの中でも名前の由来のとおり7枚配られた中から役(ハンド)を作るという特徴があります。

プレイヤー同士の勝負ですので1度の勝負で大きくお金が動くと言ってもいいでしょう。

良い手が来たとしても相手にそれを知られてしまった場合は相手が勝負から降りてしまい、思うように勝ち金が増えなかったりします。

ゲームの進行が段階を踏むごとに賭け金が吊り上がっていくため、最終的に大きく勝つために表情を読ませないことが戦略のポイントとなります。

また7枚中4枚のカードが全プレイヤー同士がオープンになっていてお互いの手を読みやすいということから駆け引きつにつながりやすいです。

そのため、勝負を行うにあたり役(ハンド)は必ず覚えておくようにする必要があります。

セブンスタッドポーカーのルール

セブンスタッドポーカーは各プレイヤーに配られた7枚のカードから5枚を選び、役(ハンド)が高いプレイヤーが勝ちとなる、カードゲームです。

カードチェンジをすることは出来ません。

ディーラーは参加せず、各プレイヤーとの勝負ですからいかに自分の役が弱くてもブラフ(ハッタリをかます)をしたり、ポーカーフェイスで相手に表情を読ませないで駆け引きをすることが大切であり、セブンスタッドポーカーの面白い所でもあります。

使用するカードはジョーカーを除く52枚で「A」が1番強く、「K>Q>J>10」の順で「2」が1番弱いです。

セブンスタッドポーカーの役(ハンド)

セブンスタッドポーカーの役の強さについて紹介します。

「ロイヤルストレートフラッシュ」・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃った最強の役。

「ストレートフラッシュ」・・・同じマークで、かつ連続した数字の5枚カード。例:♦の「2・3・4・5・6」を揃える

「フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)」・・・4枚が同じ数字を揃える。例:「9・9・9」を四つ揃える

「フラッシュ」・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを5枚揃える。例:♣の「2・4・9・10・K」

「ストレート」・・・連続した5枚の数字を揃える。例:「8・9・10・J・Q」

「フルハウス」・・・同じ数字3枚とワンペアの組み合わせを揃える。例:「4・4・4」と「7・7」

「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「2・2・2」

「ツーペア」・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせを揃える。例:「A・A」と「J・J」

「ワンペア」・・・同じ数字のペアが1つ揃える。例:「K・K」

「ハイカード(日本ではブタ)」・・・何も役が出来ていない状態ですが、セブンスタッドポーカーの場合ノーペアだった場合カードの強い順から比較して、一番高い人が勝ち。

最初は役を覚えるのに苦労すると思いますが、役を見ながらでもいいのでプレイしつつ覚えていきましょう。

セブンスタッドポーカーの進め方

セブンスタッドポーカーをプレイしようと思ったら最初にテーブルに座ります。

徐々に金額が吊り上がっていくため、慣れるまではミニマムベット額の低い所からスタートしていきましょう。

「アンティ(ANTE)」と書かれた「ボックス(枠線)」に、参加料を支払います。参加料はテーブルごとに異なります。

参加プレイヤーに最初に2枚は伏せて、1枚はオープンにして、合計3枚が配られます。

この状態がスタートラインであり、サードストリートと言います。

■第1回目のベット:サードストリート
オープンされている1枚の中で、一番弱いカードの人は最初に強制ベット(ブリングイン)する必要があります。

※一番弱いカードが同じ数字の場合は、マークで決めます。
強い方から、「スペード → ハート → ダイヤ → クラブ」の順に弱くなります。

強制ベットが終わったら、左隣から時計回りに、一連の流れに沿ってゲームが進んでいきます。

・コール
自分の前までの金額と同じ額を出し、勝負を続行する。

・レイズ
自分の前までの金額に、さらに上乗せする事。

・フォールド
ゲームから降りる事。

全員が同じベット額になったら、次へ進みます。

 

■第2回目のベット:フォースストリート
1枚ずつオープンで、カードが配られていきます。

今度は、オープンされている中で、一番強いカード、もしくはペアが出来ていれば、より強いペアの人から行動をしていきます。

ペアが最も強く次に一番強いカードの順で行動をしていき、これ以降、行動する順番は、全て同じルールです。

誰も追加ベットしていなければ、チェック(追加なしでパス)が可能です。

全員がチェックで回すか(チェックアラウンド)、全員が同じベット額になったら、次へ進みます。

 

■第3・4回目のベット:フィフスストリート・シックスストリート
1枚ずつオープンで、カードが配られます。

 

■第5回目のベット;セブンストリート、又はリバー
最後の1枚は、伏せて配られます。

全員がチェックで回すか(チェックアラウンド)、全員が同じベット額になったら、勝負へ進みます。

 

■ショーダウン(決着)
最後にベット、又はレイズしたプレイヤーから、時計回りに手札を公開していきます。

誰もベット又はレイズしなかった場合は、セブンストリートで最初に行動する順番だった人から、時計回りに公開します。

手役が高いプレイヤーが勝ちとなり、全てのチップをゲット出来ます。

※共有カード
8人以上でプレイし、セブンストリートまで来ると、カードが足りなくなる場合があります。

この場合は、表にしたカードがテーブルに置かれ、全員が共通カードでプレイすることになります。

最初は役(ハンド)の強さだったり、ゲームの進行などやることが多くて迷ってしまったり混乱してしまう人もいると思います。

最初はオンラインカジノのテーブルゲームから慣れていってライブカジノやリゾートカジノ場などでプレイしてみても良いでしょう。

まとめ

数あるポーカーゲームの中でも世界的に高い人気を誇るのがセブンスタッドポーカーです。

プレイヤー同士の勝負となり駆け引きが何よりも楽しいです。

7枚のカードの中から5枚の最強の役(ハンド)を作っていくことになるのですが、ポイントは7枚中4枚がお互いに見られているということでより駆け引きを楽しむことが出来ます。

また、カードの役も段階を踏んで分かっていくため、最後の1枚までどうなるか分からないというのも重要なポイントとなります。

世界中で人気のあるポーカーゲームですのでぜひともオンラインカジノで楽しんでみて下さい。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG