当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

スリーカードポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方

ポーカーは世界中に様々なルールのゲームが誕生しています。

世界的に有名なポーカーゲームである「テキサスホールデムポーカー」は4回に渡って勝負をするかどうかを選択して、プレイヤー同士の駆け引きが楽しいですよね。

逆にカリビアンスタッドポーカーはディーラーとの1対1の戦いでカードチェンジをすることなく、勝負をすることになったりと種類は様々と言えるでしょう。

色々なポーカーゲームがありますが、その中でも異彩を放つのがこのスリーカードポーカーです。

名前の通り3枚のカードを使って役(ハンド)を揃えて勝負をお粉ります。

ディーラーとの勝負を行いカードチェンジすることもなく最初に配られたカードでの勝負となるため運要素が強く、勝負の展開もスピーディーです。

スリーカードポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方について説明します。

スリーカードポーカーの特徴

スリーカードポーカーは最初に配られた3枚のカードで勝負を行います。

使用するカードはジョーカーを覗く52枚で「A」が強く「2」が一番弱くなります。

スリーカードポーカーの場合、役が揃わなかったハイカードの場合であっても「Q」以上の「Q・K・A」のカードを持っていたら勝負をすることが可能です。

強いカードから順番に比較して高いほうが勝ちとなります。

「Q」以上の「Q・K・A」の場合は勝てる可能性があるのもスリーカードポーカーの特徴です。

また、ディーラーは役(ハンド)がない状態でも、手札にQ以上のカードを持ってる場合は、必ず勝負し、「Q」以上のカードがない場合で役(ハンド)が揃っていない場合はディーラーは必ず勝負を降ります。

ハイカードでも手札に「Q・K・A」がある場合は思い切ってチャレンジしてみてもいいでしょう。

スリーカードポーカーのルール

スリーカードのルールはディーラーとの1対1の戦いであり、3枚のカードで役(ハンド)を作ります。

「アンティ(ANTE)」と書かれた「ボックス(枠線)」に、まず最初に賭けたい額のチップを置きます。

勝負をして勝ったら2倍の配当を受け取れます。

また、アンティとは別に「ペアプラス(PAIR PLUS)」に賭けることもできます。

ペアプラスとはワンペア以上の役を作った時に配当が支払われるシステムで、手役の難易度によってより多くの配当が支払われる仕組みです。

ペアプラスのシステムを使う事で、自分に強い手役が出来たとしても結局、2倍の配当しか貰えないという勿体ない状況をなくすためのシステムです。
※ペアプラスのみに賭けることはカジノによっては禁止している所もあるので事前に確認が必要です。

獲得する条件は以下のとおり(配当はオンラインカジノやリゾートカジノ場により多少異なる)

  • ワンペア(2倍)
  • フラッシュ(5倍)
  • ストレート(6倍)
  • スリー・オブ・ア・カインド(31倍)
    ※日本「スリーカード」ですが、海外では通じないのでランドカジノで遊ぶ際は要注意
  • ストレートフラッシュ(41倍)

スリーカードポーカーの役(ハンド)

スリーカードポーカーの役(ハンド)について紹介します。

スリーカードポーカーでは、通常のポーカーと役(ハンド)が違います。

フラッシュよりもストレートが強かったり、スリーオブカインドがストレートよりも上だったりと最初は間違えたり、混乱してしまうかもしれませんが、プレイしながら覚えていきましょう。

「ストレートフラッシュ」・・・同じマークでなおかつ連続した数字の3枚カード。例:♦の「3・4・5」など。

「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・同じ数字を3枚揃える。例:「7・7・7」など。

「ストレート」・・・連続した3枚の数字を揃える。例:「7・8・9」など。

「フラッシュ」・・・数字の並びを気にせずに同じ柄のカードを3枚揃える。例:♣の「A・3・10」など。

「ペア」・・・同じ数字のペアを1つ揃える。例:「2・2」など。

「ハイカード」・・・手役が無い場合に、強いカードから順番に比較して、高い方が勝つ。スリーカードポーカーの場合「Q」以上が手札にあれば、ディーラーと勝負して勝てる可能性があります。

6Card Bonus(シックスカードボーナス)とは

スリーカードポーカーはカジノによっては「6Card Bonus(シックスカードボーナス)」が利用できるところがあります。

6Card Bonusとは最初にプレイヤー側に配られた3枚のカードとディーラーに配られた3枚のカードの合計6枚のうち、5枚を使って一定の役(ハンド)が出来ていれば配当が貰えるというものです。

ペアプラスと同様にディーラーとの勝負に負けても配当を得ることが出来ます。

ただし、6Card Bonusのみにベッドすることは出来ません。

配当は以下のとおり。

役(ハンド) 配当 確率 手役の例
ロイヤルストレートフラッシュ 1000:1 0.0009% ♦の「10・J・Q・K・A」
ストレートフラッシュ 200:1 0.0081% ♣の「5・6・7・8・9」
フォーオブカインド 100:1 0.072% 「3・3・3・3」
フルハウス 20:1 0.8153% 「5・5」と「8・8・8」
フラッシュ 15:1 1.0108% ♥の「4・6・9・J・K」
ストレート 10:1 1,7763% 「A・2・3・4・5」
スリーオブカインド 7:1 3.5963% 「7・7・7」
ハイカード(役なし) 92.7202%

確率が低いためあまり「6Card Bonus」を置くプレイヤーは少ないですが、配当は多いです。

雰囲気や流れを変えたり、気持ちに余裕があるために試しに置いてみてもいいかもしれません。

ゲームの進め方

スリーカードポーカーのゲームの進め方について紹介します。

オンラインカジノのライブカジノやテーブルゲームでもプレイできますので、まずは気軽にプレイしましょう。

最初は設定金額が低い所でゲーム感覚を覚えるようにしましょう。

席に着いたら最初に「アンティ(ANTE)」と書かれたボックスに賭けたい金額をセットします。

この時に「ペアプラス」「6Card Bonus」にも同時に賭けることが出来ますが、「ペアプラス」「6Card Bonus」だけにベットは出来ないところが多いので確認しましょう。

次にディーラーから三枚のカードが配られこの時に勝負をすると決めたら「プレイ(PLAY)」と書かれたボックスにアンティと同額のチップを置きます。

降りる場合は、ディーラーへカードを返し、アンティに置かれているチップは没収となります。

また、プレイヤーとディーラーは役(ハンド)が揃っていない場合でも手札に「Q・K・A」のカードを持っていたら必ず勝負をします。

ディーラーと勝負をして勝った場合は、「プレイ×2倍」が貰えて他にはペアプラスに賭けていたら「アンティ×役の倍数分の配当」6Card Bonusに賭けていたら「6Card Bonus分の配当」が支払われます。

オンラインカジノの場合、配当などの計算は自動で行ってくれるため、計算する必要もなくプレイできます。

まとめ

ポーカーはバリエーション豊富で様々な種類のカードゲームがありますが、その中でも3枚のカードを使ってゲームをするスリーカードポーカーは特殊ですよね。

役(ハンド)なども強さが変わったりするため、最初は混乱してしまうかもしれませんが、オンラインカジノでは勝敗の決定や配当計算なども自動で行ってくれるためゲームをプレイしていけば徐々に慣れていきます。

カードチェンジを行わず、勝負の決定も早いのでちょっとした空き時間などでもプレイすることが出来ます。

オンラインカジノでもライブカジノでプレイできるので是非とも小額から遊んでみましょう。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG