当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

ビデオポーカーの特徴やルール・ゲームの進め方

ビデオポーカーは、日本のゲームセンターのメダルコーナーに設置されているビデオポーカーと同じルールです。

日本でポーカーと言えばこのビデオポーカーのルールをイメージする人が多いと思います。

日本で最もメジャーと言えるかもしれません。

日本では勝利をしてもメダルしか受け取る事しかできませんが、オンラインカジノにあるビデオポーカーはリアルマネーで勝負をすることが出来ますので是非ともプレイしましょう。

ビデオポーカーのルールや進め方について説明します。

ビデオポーカーの特徴

カジノのポーカーと言えば基本的に対戦です。

プレイヤー同士の戦いだったり、ディーラー同士の戦いなどをする必要があります。

特にプレイヤー同士の戦いというのは1回のゲームが長かったりしたり、周りに合わせなくてはいけません。

しかし、ビデオポーカーの場合は自分のペースでゆっくりと勝負をすることが出来るのが特徴です。

また、ポーカーの場合、対戦する相手より強い役(ハンド)を揃える必要がありますが、ビデオポーカーの場合純粋に「手役を揃えるだけで配当が貰える」という違いがあります。

例えば「ワンペア」しか揃っていない場合は相手に勝つ確率は低いですが、ビデオポーカーの場合、ワンペアでも揃っていれば配当が貰えるのでで、「他のポーカーよりも配当が貰える=儲かりやすい」と考えられます。

さらに日本のビデオポーカーと違い、オンラインカジノではジャックポット機能が付いているので一夜にして大金を手にする可能性もゼロではないのです。

もちろん可能性は万に1つもない非常に低い確率ではありますがもし当選した場合は、日本の宝くじとは比較にならないぐらいの当選金を獲得することが出来ます。

まさに一夜にして人生が変わるほどの大金を手に入れるチャンスはゼロではありません。

ビデオポーカーのルール

ビデオポーカーのルールはまず最初にカードが5枚配られます。

一度だけカードを自由にチェンジをすることが出来、その中で揃えた役(ハンド)によって配当を受け取ることが出来ます。

配当を受け取ったらそのままダブルアップにチャレンジするかどうかを選択することが出来ます。

ビデオポーカーの台によってはジャックポット機能が付いている所もあったり、ワンペアでも配当として認める台と認めない台があり、台によって違いがあるので色々なゲームをプレイしてみましょう。

プログレッシブジャックポットは「ロイヤルストレートフラッシュ」を揃える必要があり、かなり確率が低いです。

一攫千金にふさわしいほどの配当が高く、魅力的ですが、勝つ可能性は限りなくゼロに近いほどですので狙って出来るものではありません。

また、ロイヤルストレートフラッシュは基本的にマックスベット(最大値で賭ける)に設定しないと出ない仕様になっています。

MAXベットで賭けて、かつロイヤルストレートフラッシュで勝利した場合にのみジャックポットとして支払われるということを頭に入れておかなければいけません。

ビデオポーカーとして代表的な機種として「Jacks or Better(ジャックス・オア・ベター)」があります。

この機種は高配当であり、還元率も高いとあって多くのプレイヤーが好んでプレイされており、一番最初にプレイする入り口として合っていると言えるでしょう。

ただし、「Jacks or Better(ジャックス・オア・ベター)」では「J」以上の数字で揃えないとワンペアとして認められません。

例えば「10」「10」以下のワンペアとかでは配当が得られないので注意して下さい。

とはいえ、一回だけチェンジすることが出来るということもあり、ツーペア以上を揃えるのは決して難しいことではありません。

ビデオポーカーの手役(ハンド)

ビデオポーカーの役(ハンド)について消化しいます。

ビデオポーカーの場合、画面上などに役が表示されている台もあるので役について詳しくない状況でもプレイすることが出来ます。

「ロイヤルストレートフラッシュ」・・・同じマークの「A、K、Q、J、10」の揃った最強ハンド

「ストレートフラッシュ」・・・同じマークで、かつ連続した数字の5枚カード。例:♥の「3・4・5・6・7」を揃える

「フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)」・・・4枚が同じ数字を揃える。例:「6」を四つ揃える

「フラッシュ」・・・数字の並びに関係なく同じ柄のカードを5枚揃える。例:♣の「2・3・6・9・Q」を揃える

「ストレート」・・・連続した5枚の数字を揃える。例:「7・8・9・10・J」を揃える

「フルハウス」・・・同じ数字3枚とワンペアの組み合わせを揃える。例:「K・K・K」と「5・5」を揃える

「スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)」・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「A・A・A」を揃える

「ツーペア」・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせを揃える。例:「4・4」と「8・7」を揃える

「ワンペア or Jacks or Better」・・・同じ数字の「J」以上のペアを1つ揃える。例:「Q・Q」を揃える

ビデオポーカーの場合、台によっては「J」以上を揃えても、ワンペアは配当としてみなさない台もあるので注意して下さい。

ダブルアップシステムについて

ビデオポーカーには役(ハンド)を揃えた後にダブルアップに挑戦することが出来ます。

ダブルアップとは役を揃えた配当を倍々で増やしていくことが出来るかもしれないというシステムです。

ダブルアップに挑戦した場合、画面が切り替わり新しくカードが5枚配られ、その中の一番左のカードが表向きに開きます。

その開かれたカードよりも強いカードを残りの4枚のカードから選んで引けば勝ちで、配当が倍となり、数字が低ければ配当は没収となります。

引き分けの場合はもう1度やり直しとなります。

「A」が一番強く「2」が弱いので、一番左にめくられたカードが「A」であった場合はその時点で自分も「A」を引く必要があるため、ほぼ負けが確定となります。

逆に「2」とかはもうほぼ勝ち確定となるので安心ですよね。

また、ダブルアップの他にハーフダブルと呼ばれるシステムが利用できる台もあります。

その場合、配当の半分を賭ける機能があり、全てを没収されるわけではないのである程度資本を残しつつ倍々ゲームにチャレンジしたいという人におすすめです。

このダブルアップシステムですが、過去にはワンペアからスタートしていき18回連続でダブルアップに成功して$5が$1,310,720にまでに勝ち上がったというプレイヤーもいたようです。

ダブルアップシステムは非常に優れたシステムで基本的にビデオポーカーを利用する場合、役(ハンド)を揃えた後にダブルアップをする人がほとんどで、いつダブルアップチャレンジをやめるかがポイントとなります。

10回連続で勝った後に、11回目に負ければゼロになってしまうので自分で止め時をきちんと設けることが非常に重要となります。

ゲームの進め方

最初に遊ぶビデオポーカーを選びます。

ビデオポーカーは色々な種類があるので好きな台を選びましょう。

台を決めたら賭け金を投入したら「DEAL」ボタンを押すとカードが5枚配られます。

役を揃えるために残しておきたいカードを「ホールド(HOLD)」として選択し残りは選択しないままチェンジを押すと新しいカードにチェンジされます。

カードが交換された段階で役を揃えることが出来れば役に応じた配当が貰えて、負ければ没収です。

ダブルアップにチャレンジする際はボーダーラインを決めてプレイすることをおすすめします。

また、ビデオポーカーをプレイされる際は、ほとんどの台に共通して言えることとして、「常に最大量のベット額でプレイする」ことをおすすめします。

その理由として「最大ベットで勝負することで多く配当が貰える」ためです。

「ロイヤルフラッシュ」や「ストレートフラッシュ」などのなかなか揃えることが難しい役を揃えた場合、コイン1枚につき「250」の配当を受け取ることが出来ますが、その時のベットがコイン2枚の場合、「500」分受け取ることが出来ます。

しかし、この時コインを5枚ベットした場合(大抵の場合5枚がMAXBET)、ペイアウトは「4000」にまで変わります。

つまり最大ベットで賭ければリターンも大きくなるということです。

最大ベッド額を投入する際に高いと思ったら、低く設定されている台へと移動して最大ベッド額でチャレンジしたほうがいいでしょう。

まとめ

日本のゲームセンターのメダルコーナーに設置されているビデオポーカーと同じルールのため、日本で最も馴染みのあるカジノゲームでもあり、ポーカーと言えばほとんどの人がポーカーのルールと言えます。

メダルではなくリアルマネーで勝負が出来るとあって緊張感や勝った時の興奮はメダルの比ではありません。

1人で黙々とプレイすることが出来るので気軽ですし、自分のペースでプレイすることが出来ます。

ダブルアップは必ず自分で何回勝ったら止める、配当がここまで至ったら止めるといったボーダーラインを設定するようにしましょう。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG