当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

プラグマティックプレイ(pragmaticplay)社の特徴

プラグマティックプレイ(PragmaticPlay)社は、当初「TopGame」という名前でスタートしましたが、2015年に名前を変えてマルタスタートしたゲームプロバイダー会社です。

「TopGame」自体は特別目立った運営をしていなかったようですが、プラグマティックプレイ社に名称を変更してから驚異的なゲーム開発を進めています。

パソコン・モバイルのどちらからでもプレイできるゲームを続けており、ビデオスロット以外にもテーブルゲーム、ビデオポーカーやキノ、スクラッチカードなど多種多様なゲームを開発しています。

「TopGame」社時代と合わせるとこれまでに100を超えるゲームを開発し、78か国、日本語を含めた26言語、主要通貨にも幅広く対応をしています。

高品質のゲームを驚異的なスピードで提供し続けていて、日本市場向けのオンラインカジノでも多く採用されています。

プラグマティックプレイ(pragmaticplay)社の特徴について紹介します。

プラグマティックプレイ(pragmaticplay)社の特徴

プラグマティックプレイ社は若い会社ではありますが、マルタ・イギリス・ベルギーといった3カ国に渡ったギャンブル委員会からライセンス認証を受けており、合計してライセンスに関しては20を超える管轄区域で認定されているためプレイヤーは安心して利用することが出来ます。

さらに公正かつ安全にゲームを楽しむことができるソフトウェア会社として、第三者機関によるチェックを受けており、「Gaming Laboratories International(GLI)」や「QUINEL」といった有名なソフトウェアチェック機関にも合格しています。

ギャンブル委員会と第三者機関とのダブルチェックを受けて認証を得ていることで、非常に公正なゲームであるという事を証明しているので安心してプレイすることが可能です。

また、驚異的なスピードで様々なゲームをリリースし続けているのが幅広くビデオスロットだけでなくバリエーション豊富に柔軟に開発しています。

しかし、開発スピードは速くても決してクオリティが低いというものではありません。

グラフィックはもとよりプレイヤーの心を惹きつけるアクション性やサウンドやゲーム性が充実しています。

特にテーマに関してはアジア系をテーマにしたものが多く本格的なものからかわいらしいキャラクターのゲームなど幅広く用意されています。

ペイアウト率も平均的に高いゲームが多いので、勝った時の爆発力にも期待が出来ます。

おすすめゲーム

プラグマティックプレイ社は日本市場向けのオンラインカジノでも幅広く遊べるとあって人気のゲームプロバイダー会社として注目されています。

ペイアウト率の高いゲームが多く勝った時の爆発力が多く「Wolf Gold」 「Mustang Gold」などはゲーム性の高さとペイアウト率の高さでプラグマティックプレイ社でも人気があります。

大きく勝負をしたいと思ったらプラグマティックプレイ社のゲームはお勧めです。

また、アジア系を意識したテーマを多くリリースされており、近年需要がますます広がってきているアジア圏にも力を入れている印象があります。

三国志の武将がテーマの「3Kingdoms」中華系のゲームから西欧ドラゴンをテーマにした「8Dragons」やパンダがテーマの「Pands Fortune」なども人気がありますし、エジプトの秘宝を巡るトレジャーハンターをテーマにした「John Hunter」も2作目も出ていたり、手広くなっているのでぜひともプレイしてみましょう。

まとめ

プラグマティックプレイ(pragmaticplay)社は日本でも馴染みのあるゲームプロバイダー会社であり、幅広いテーマを軸に驚異的な開発スピードを誇っていてどんどん新しいゲームを開発しています。

これまでにビデオスロット以外にもビデオポーカーやスクラッチなど全部で「100」を超えるゲームをリリースしていますが、第三者機関のチェックを受けていることから安心してプレイすることが出来ます。

ペイアウト率が高いことで当たった時の爆発力にも期待できます。

日本語にも対応しており、日本でもファンが多いプラグマティックプレイ社のゲームを是非とも遊んでみましょう。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG