当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

STICPAY(スティックペイ)の特徴から入出金方法

2017年に香港で本社を構える英国系の会社として新しく誕生したオンライン決済サービスSTICPAY(スティックペイ)です。

STICPAY(スティックペイ)はその利便性の高さから徐々に日本市場のオンラインカジノで利用できるところが増えてきています。

STICPAY(スティックペイ)は、エコペイズやiwalletと同じ「オンライン決済サービス」です。

さらに、STICPAY(スティックペイ)はMASTERCARDデビットカードが発行できます。

※STICPAYは2月まで『MasterCardブランド』のプリペイドカードとなっていたSTICPAYですが、今回のカードからは『Unionpay(通称:銀聯)ブランド』のプリペイドカードとなり、今まで使用停止だったプリペイドカードが2019年4月1日から新しいSTICPAYカードとして新規発行及び、利用可能となりました。

会社が変わったとはいえ利用者としての使い方は変わらずに利用できます。

今注目のSTICPAY(スティックペイ)の特徴から入出金方法について紹介します。

 

 

STICPAY(スティックペイ)の特徴

STICPAY(スティックペイ)の特徴について紹介していきます。

プリペイドカードでATMから引き出し可能

STICPAY(スティックペイ)の最大の特徴としてプリペイドカードとしてATMから現金を自由に引き出すことが出来るという点です。

手数料は他の銀行のカードよりは多少高く引き出しの上限(最小20HKD又は出金額の1%)が設けられていますが、自由に引き出すことが出来るだけでなく、海外での出金の利用の場合、現地の通貨をそのまま引き出すことが出来るという利点もあります。

世界210ヵ国以上のマスターカード取扱加盟店、ATMでいつでも引き出すことが出来るのはオンラインカジノ目的だけでなく、海外旅行に行く人も安心して利用できます。

日本語表記で簡単に登録が出来る

STICPAY(スティックペイ)は登録の際に日本語で書かれているので、海外のサービスではありますが、日本のサービスを利用しているのと変わらずに利用することが出来ます。

英語が分からない人やインターネットに疎い人でも簡単操作で登録が出来るので安心して下さい。

着金までが速い

SticPayはATM出金だけでなく、国内口座に出金することもできます。

そして、SticPayは「SticPayの国内銀行口座」から出金を行うため、(海外からの送金に比べて)手数料も安く、着金まで時間がかかりません。

銀行口座に出金する時に手数料が安く、スピーディーに出金できることもSTICPAY(スティックペイ)の大きなメリットの1つです。

ビットコイン対応&SCOIN発行

ビットコインの対応のオンラインカジノも徐々にでは増えてきています。

まだ、STICPAY(スティックペイ)を決済手段に導入していないオンラインカジノに対して、ビットコイン決済が入ってきて出金方法にビットコインを選ぶことが出来た場合、その引き出し先をSTICPAY(スティックペイ)にすることも可能です。

ビットコイン対応のオンラインカジノの出金先をSTICPAY(スティックペイ)にしてそこから自由に引き出すことが出来るので使用幅が広がりますね。

さらに、STICPAY(スティックペイ)では将来的に仮想通貨取引所への上場を計画している「SCOIN(エスコイン)」を発行しています。

今現在は、STICPAY(スティックペイ)内のみで発行、利用することができ、今のところ「1SCOIN(エスコイン)=1ドル」の価値となっています。

将来的に上場された場合、他の仮想通貨と同様に金額が上がる可能性があるため、資産目的で保有することも可能です。

STICPAY(スティックペイ)の登録方法

STICPAY(スティックペイ)を利用しようと思ったら最初に公式サイトに進み、登録をする必要があります。

 

 

公式サイトに進んだら、「STICPAY口座開設」をクリックします。

 

 

「メールアドレス」「名前」「生年月日」「パスワード」「国の選択」「通貨の選択」を入力していきます。

 

 

携帯番号を入力してSMS認証を行います。

電話番号を入力して「SMS発送」をクリックして下さい。

次に送信を押します。

 

 

申請が完了となり、「私の口座を維持する」をクリックします。

 

 

以上で登録は完了です。STICPAYの登録はとても簡単ですぐに完了します。

初めての人でも画面に従っていけば3分程度で完了しますので慌てずに行うようにしましょう。

メールアドレスとパスワードは必ずログインするときに必要になるので忘れないようにメモをして保存しましょう。

 


また、この時点では、1回当たり50ドルの利用(1日の最大利用は100ドル)と制限されています。

ATMで使える「STICPAYカード」を申請したり、金額の利用幅を広げるためには本人確認書類と住所確認書類の提出が必要となります。

続いて入金方法などを説明します。

STICPAY(スティックペイ)の入金方法

登録が完了したら次にSTICPAYへの入金方法を紹介します。

まずはメールアドレスとパスワード、生年月日を入力してログインします。

 

ログインしたら、「確認」からの口座をクリックします。

 

 

身分証明書と居住証明書の2つをそれぞれアップロードする必要があります。

この2つを申請して許可が下りて初めて利用幅がぐっと広がりますので早めに申請しておきましょう。

 

 

  • 身分証明書・・・「運転免許証」「パスポート」「写真入り住基カード」の中から1点。
  • 居住署名所・・・「公共料金の領収書」「納税証明書」「住民票」「クレジットカードの明細書」「銀行明細書(住所入り)」の中から1点。

 

それぞれ用意しましょう。

アップロードをしたら審査中と表示されます。審査機関は1~2日間程度となっていますので審査が終わるまで待ちましょう。

 

 

審査が承認されたらメールが届き、これでSTICPAYのサービスをすべて利用できるようになります。

 

 

 

次に入金ですが、STICPAYにログインしたら「入金」を選択すると色々な入金方法が出てきます。

一番主流なのがクレジットカード入金ですが、最初にクレジットカードを登録して承認される必要があります。

書類の欄にあるカード写本(コピー)にてクレジットカードの前と後ろをそれぞれアップロードします。

 

 

写本をコピーする際の例に沿って行うようにしてください。

 

 

写本が承認されればクレジットカードで入金することが出来ます。承認されたらステータスに「承認」と表示されます。

 

 

あとはクレジットカードの名義人やカード番号の1桁と最後の4桁を入力して、有効期限を入力して「送信」を押して下さい。

 

 

送金するお金の金額を入力をします。「Amount」のところに入金する金額を記入して「Money in」をクリックします。

 

 

クレジットカードの入金が一番有名で効率が良いと思います。

他の入金方法にしても基本的に画面の指示に従って入力を進めていけばいいので慌てずに1つ1つ行うようにしましょう。

STICPAY(スティックペイ)の送金方法

次にSTICPAYからオンラインカジノへの送金方法を紹介します。

最初にSTICPAYに対応をしているオンラインカジノにログインをします。

ここでは10BetJapanを例に紹介しています。10BetJapanでは初めての人でも安心の24時間フルサポート対応なので初めて利用する人でも安心です。

10BetJapanについて登録や特徴についてはこちらを参照して下さい。

関連記事

10Betは2003年に設立され、これまでに着実にプレイヤーの数を増やしていき、今では90ヶ国以上にプレイヤーを持つ知名度の高いオンラインカジノでライセンスはオランダ領のキュラソー島から取得しています。 また業界大手のブックメーカーも[…]

 

10BetJapanに登録したらログインをします。

 

 

ログインをしたら画面右上の「入金をクリックします」

 

 

様々な入金方法が表示されると思いますが、その中からSTICPAYを選択します。

金額を入力して「ご入金」をクリックします。

 

 

STICPAYのログイン画面が表示されるので「メールアドレス」「パスワード」「生年月日」を入力してログインします。

 

 

ログインすると、STICPAYの送金先情報が表示され、10BetJapanへの入金情報・金額が表示されているので問題なければ「送金」をクリックすれば送金が開始され、しばらくすれば10BetJapanへと金額が表示されます。

最初は少量の金額からスタートして無事に送金が出来れば次に大きな金額を送金してもいいかもしれません。

 

STICPAYカードの申請方法

STICPAYカードは2019年4月1日から「UnionPay Prepaid Card」の新規発行及び、利用が開始となりました。

STICPAYカードは必ず申請しておいた方がいいです。

また申請方法も簡単で、最低でも口座に「391.96香港ドル」が入っていればすぐにカードの申請が可能です。

STICPAYは申請の際の発送費に35USDが引かれます。

また、カード会社の審査が通れば審査過程を経て、配送まで約2~3週かかります。

 

 

必ず申請しておくようにしましょう。

STICPAYカード使用限度

以下はSTICPAYカードの利用や発行、引き出しにかかる手数料をまとめてあります。全体的に手数料は高めですが、「ATM引き出し」が可能なのでメリットは大きいと思います。

 

限度額の内容 限度額
一日の利用限度額 HKD 15,000 (US $ 2,000)
月間 決済可能金額 HKD 75,000 (US $ 9,500)
一日のATM引出限度 HKD 40,000 (US $ 5,000)
(ATM出金可能金額はATM別に異なります。)
一ヶ月のATM引出限度 HKD 75,000 (US $ 9,500)

 

STICPAY(スティックペイ)が利用できるオンラインカジノ

 

  • 10BetJapan
  • パイザカジノ

まとめ

STICPAY(スティックペイ)は新しいオンライン決済サービスとしてスタートし、日本市場向けのオンラインカジノでも採用され始めてきました。

まだまだ取り扱っているところは少ないですが、今後の可能性を考えれば大いに提携するところが増えることが考えられます。

ATMが利用出来て、さらにビットコインでの入出金が可能であるということで、今までのオンライン決済サービスのいいところを集約されたと言ってもいいでしょう。

登録も簡単で、STICPAYカードの申請や条件も高くないのでぜひオンラインカジノを利用する人のみならず海外旅行に出かけることが多い人もかなり便利ですので利用してみましょう。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG