当サイト限定ボーナス情報を追加しました。

Sofitel Macau At Ponte 16 / ソフィテル・マカオ・アット・ポンテ16

「Sofitel Macau At Ponte 16 / ソフィテル・マカオ・アット・ポンテ16」はマカオにある、ポルトガル人による植民地支配の発端となった旧市街地にフランス資本が2008年にオープンしたカジノであり、マカオの中でもフランス系の5ツ星ブティックホテルとして存在しているのが『Sofitel Macau At Ponte 16 / ソフィテル・マカオ・アット・ポンテ16』です。

「ソフィテル」はフランスのホテル会社、アコーホテルズの最高級ブランド。「ポンテ16」はポルトガル語で「ピア16(16埠頭)」という意味です。

ソフィテル・マカオ・アット・ポンテ16について

ポルトガルと中国とフランスが融合したカジノホテルで、歴史的建造物としてみてもかなり重要なホテルに指定されています。

マカオはハイペースでカジノホテルが建造されており、30以上が作られていますが、その中でも常に人気ランキング上位に占めているのが「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」です。

歴史背景として、ポルトガル人による植民地支配の発端となった旧市街地に位置するため、歴史を物語る観光地が多く立ち並んでおり、そして、その観光地に近いため、特に国内外の観光客に人気のホテルです。

フランス資本が投入されたこともあり、ヨーロピアンなセンスが生かされた南欧風カジノホテルであるため、非常に珍しくフランス系ホテル唯一の5つ星でもあります。

歴史あるこのエリアにおいて古い情緒あふれる街並みを生かしつつ、カジノを中心とした大人のためのホテルとして建設されました。

歴史溢れる建築物が見どころ

ホテルの外観はポルトガル様式の建物を現代風にアレンジされ、100年以上経た古い住宅が立ち並ぶこのエリアの中でもひときわ目立つ存在です。

金色をふんだんに使う中国スタイルの装飾と、大理石やガラス細工を使ったヨーロッパの現代風のデザインが上手く調和されたホテルロビーは、圧倒的な存在感を持ちながらもうまく調和されている印象。

ロビー内の照明器具、家具、絵画などは高級感があり、印象派の作品などが並んでいてとても上品です。

まさに芸術の国フランスからやってきた大人のホテルです。

「セナド広場/Senado Square」「聖ポール天主堂跡/ Ruins of St. Paul’s」などの観光地を巡る拠点として回りやすいので昼は観光地巡りや、ホテルに備え付けられているプールでゆっくりして、夜はカジノで遊ぶのがいいでしょう。

 

ソフィテルマカオアットポンテ16で遊べるカジノゲーム

ソフィテルマカオアットポンテ16で遊べるカジノは以下の通りです。

  • バカラ
  • ファンタン
  • アメリカンルーレット
  • フェイスアップブラックジャック
  • パイガオ
  • 大小(シックボー)
  • スリーカードバカラ

基本情報

住所 Rua do Visconde Paco de Arcos
電話番号 (853) 8861 0016
カジノ入場制限 満21歳以上
ホームページ http://www.sofitelmacau.com
日本語対応 なし
託児サービス あり
喫煙の有無 喫煙所あり

まとめ

「Sofitel Macau At Ponte 16 / ソフィテル・マカオ・アット・ポンテ16」はマカオにある、、ポルトガル人による植民地支配の発端となった旧市街地にフランス資本によって洗礼されたリゾートカジノホテルというマカオでも非常に珍しい建築物です。

フランス系のホテル唯一の5ツ星ホテルであり、観光地巡りに最適な場所に建てられているので、カジノだけでなく色々な街並みを散策するのにも最適です。

エンターテイメント要素は少ないですが、ゆっくりと落ち着いた雰囲気で過ごすことが出来る大人のリゾートカジノホテルと言えるでしょう。

何回来てもその落ち着いた雰囲気で過ごすことが出来るので常連の方も多いようです。

>オンラインカジノ総合サイト

オンラインカジノ総合サイト

24時間いつでもどこでも利用できることから近年ますます注目を浴びているオンラインカジノはより快適に利用できるようになっています。その中でも特におすすめのサイトをRANKING形式で紹介しています。

CTR IMG